アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    防犯

    盗聴器発見について

    盗聴器は名前の通り、仕掛けておくことでそ...

    Readmore
    盗聴器

    これまでの歴史と変遷

    都会においては盗聴器や盗撮カメラが普及し...

    Readmore
    被害者

    盗聴器仕掛けられ方

    ストーカーや泥棒が盗聴器を仕掛けることが...

    Readmore

盗聴器発見について

防犯

盗聴器は名前の通り、仕掛けておくことでその範囲内の会話や音を離れた場所から聞くことができる精密機器のことであり、利用方法によっては防犯対策などに利用することもできます。
そのため、近年では一般企業や一般家庭でも利用されることが増えてきていますが、その反面犯罪として利用されることも少なくないと言われています。
と言うのも、盗聴器は現代の日本では誰でも気軽に購入することができるようになっており、防犯目的で高性能なものも販売されています。
特に近年では親族や家族、近隣トラブルが原因で盗聴器を仕掛けられることも増えている傾向があり、発見されていないものも数多く存在しています。
そんな盗聴器は種類によっては仕掛けられていることに非常に気づきにくくなっており、自分が盗聴されているとわからないことも多いです。
それが防犯の意味で仕掛けられているならいざ知らず、ストーカーなどの犯罪に利用されている可能性もあるため、自分で仕掛けたわけではない以上早期発見が防犯の意味でも望ましいとされています。
そんな盗聴器を発見してくれるのが、探偵業や防犯に関するサービスを実施している業者です。
盗聴器の発見に関する費用については、通常の一般家庭の広さの範囲内であれば相場としては3万円前後であり、そこから範囲を広げるごとに加算されていく方式が一般的な方法となっています。
以前は芸能人などに盗聴器が仕掛けられることが多かったため、以前は値段も割高になっていることが多かったですが、現在では一般家庭に被害が及んでいることが多いことから業者としても良心的な値段でのサービス実施をしている傾向があります。
また、自宅以外の場合であれば車の中や贈り物の中にも仕掛けられている可能性があるため、それぞれの範囲を探知してもらうことも可能です。
その場合は基本的に別途料金が発生することになりますが、大抵の場合は1万円前後の値段となっているので安価で調べることができると言えます。

これまでの歴史と変遷

盗聴器

都会においては盗聴器や盗撮カメラが普及していて防犯の為に使われるだけではなく人のプライバシーを侵害したり、犯罪に近い利用のされ方が見られるようになって来ました。
国内の治安も悪化の一途を辿り、犯罪は増加する一方でその半面検挙率は下がり、犯罪者の8割がたは捕まっていないと言われています。
テレビ番組においても会社や住宅に盗聴器が仕掛けられていて、車で移動中にその電波をキャッチし、盗聴発見器でその当たりを詳しく調べてゆくうちに家の中にあることを突き止め、家の人の了解を取って探すと、電池が不要の電気コンセントに仕組まれていたというケースがありました。
住人本人にとっては心当たりのないことで迷惑な話、こんなケースでは泥棒や犯罪に結びつくことも考えられ非常に危険を感じるものです。
賃貸などでは入居する前から仕掛けられている場合もあり、気持ちの悪いものです。
防犯面からこれらのことを専門に盗聴器発見や盗撮カメラの発見を行っている会社も存在します。
女子トイレや更衣室、トイレなど不審と思われる場所を探してくれます。
電話やメールで内密に相談にも乗ってもらえます。
防犯から探す方法としては盗聴に普通使われる周波数帯域の電波の検索をかけます。
盗撮カメラについては盗撮レンズ発見器を用いた目視調査も行えます。
調査可能地域もだいたい決まっており有料ですが必要に応じて捜査後のレポート提出や証明書の発行まで行ってもらえます。
これが取り付けられる場合は永久電源の取れるコンセントボックスの中や電源タップそのものが盗聴器の場合も多くあります。
電話機に取り付けられる場合や火災センサー型をした盗撮カメラの場合も存在します。
以前は政治や芸能関係の盗聴や盗撮が多かったものですが、最近ではネット販売の普及もあって民間企業や一般家庭までに及んでいます。
不特定多数の人が行き来する場所や宿泊施設での盗聴や盗撮が増えていて問題となっています。
宿泊施設や商業施設、娯楽施設やスポーツ施設における定期調査を行うことも可能となっています。